TOPへ戻る

人間は1日にどのくらい空気を吸っている?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

今回は人間は1日にどのくらいの空気を吸っているのか・・・
というお話です。

突然ですが、人は1日に何キロくらい空気を呼吸しているか知っていますか?

実は、空気は1日に20kgも体内に取り込んでいるんです!!
ご飯に換算するとお茶碗100杯分。
すごい量ですね。

ちなみに人が1日に口にする水や食べ物の量はおよそ2kg。

水や食べ物と同じように体内に入る空気。
その摂取量は水や食べ物の10倍近く。

お水は浄水器やミネラルウォーターで、
お野菜は減農薬野菜。
というように気を付ける事が可能ですが・・・

空気はどう気を付ければ良いでしょうか。

普段生活している家の中を想像してみましょう。
家の中の空気が汚れる理由として、
・カビ
・ダニ
・花粉
が、あげられます。
カビやダニは湿気から、花粉は外部からと想像出来ますね。

その他には
・ホルムアルデヒド
などがあるのですが、このホルムアルデヒドは何が原因かというと
家の中に使われている建材(接着剤や塗料)の可能性が高いです。

人体に悪影響なホルムアルデヒドが、普段生活をしている家から放出されている。
考えると怖いですね...

では、家の中の汚れた空気をきれいにする方法を考えてみましょう。

考えられる方法として
・窓をあけて換気する
・換気扇で24時間換気する
・空気清浄器を使う
・加湿器や除湿機などを使って湿度管理する

などがあげられるでしょうか。

が!!!

しかし!!!

そもそもこのホルムアルデヒドが放出されないように、新築やリノベーションの段階で考えればいいのでは???

これこそが、NAGOMIYAが自然素材をおすすめしている大きな理由の一つです。

食べ物は肝臓で解毒されていますが、空気は肺から直接血液に溶けて全身へ届けられます。
ホルムアルデヒドを含んだ空気を吸い、その空気が血液に入り全身に届く。
想像すると、とても恐ろしいですね。

空気はとても体に影響があることが、分かっていただけたと思います。


お客様がずっと健康で気持ちよく暮らせる空間づくりを目指しています。


自然素材を選ぶ理由。化学物質に出会わない暮らし。
過去ブログも合わせてお読みください。





私たちは岩国市にある小さな工務店です。


木と漆喰の専門店という看板を掲げて、深呼吸できる家づくりを目指しています。

岩国市の人のために、岩国市に合った建築をしていきたいと思っています。