岩国市で新築 リフォームならNAGOMIYA


  • HOME
  • ペレットストーブ
ペレットストーブとは
木のライン 1.png
岩国市  ペレットストーブ
ストーブというと石油ストーブや暖炉・薪ストーブが有名ですが、石油ストーブはCO2発生やシックハウスの原因にもなります。さらに石油は42年後には完全に枯渇すると報告されています。一方、薪を燃料とする暖炉や薪ストーブは自然に優しくクリーンなので体にとってもいいものです。しかし、薪の確保や操作性は容易ではありません。

ペレットストーブは、石油ストーブや薪ストーブの抱える問題を解決しました。燃料は、木の切りくずなどを粉砕して圧着した
「木質ペレット」
で、暖炉同様、環境に優しいうえ、外気を直接取り入れるFF方式のため室内をクリーンに保ちます。さらに暖炉と同じくらいの熱量を有し、1台のペレットストーブで約40畳の部屋を暖めます。
一般家庭は勿論、学校の教室や集会所、オフィス、飲食店などにも最適です。
ランニングコストも、灯油にも負けない経済性を備えております。
燃料のペレットは現在、間伐材の不要部分から作られていますが、今後は木材の廃材から作られる予定もある為、燃費はさらに低減していくでしょう。
 
 
木質燃料ペレットとは
木のライン 1.png
木質ペレットは丸太、樹皮、枝葉など木質バイオマスを原料につくられます。これらの原料を細かい顆粒状まで砕き、それを圧力をかけて直径6~10mm、長さ10~25mmの円筒形に圧縮成型して固めて成形したものがペレットです。
大きさは長さ1~2センチ、直径6~12ミリのものが主流です。
また、ペレットの特徴の1つが、接着剤の必要がないことです。
成形するときにおが粉状のものを圧縮して固めますが、このときに接着剤は使用しません。木材の構成要素の1つである物質(リグニン)が軟化し、接着剤のような役割を果たすからです。
そのため、ペレットの成分は木材と変わりません。
それで、薪を燃やしているときのような暖かさはあるのですが、ペレットに成形するときに原料を凝縮させる分、粉砕しただけのチップやおが粉よりも熱量が大きくなります。 
岩国市 ペレットストーブ
   

山口県岩国市にはペレット工場があるんです
木のライン 1.png
山口県内では、山口県森林組合連合会(県森連)により、未利用間伐材等を原料とした木質ペレットの製造と交流が行われています。山口県は、燃料の供給にも恵まれ「エネルギーの地産地消」を実現出来る県です!
岩国市 ペレットストーブ
県土の7割を森林が占める山口県では「エネルギーの地産地消」を目指し、森林バイオマスエネルギーの活用が進められています。そんな中、2005年岩国市に「木質ペレット燃料製造施設」が誕生しました。
製造能力は年間1500㌧
間伐材を主原料とする製造施設としては、全国でも最大級の施設です。
 

商品紹介
木のライン 1.png
画像をクリックでそれぞれの商品の詳細をご覧いただけます
岩国市 ペレットストーブ SS-1 岩国市 ペレットストーブ SS-2 岩国市 ペレットストーブ SS-10
岩国市 ペレットストーブ MT-311 SUMITA 岩国市 ペレットストーブ DK-12









 

ふたばライン.png
 
岩国市 ペレットストーブ ss-1

岩国市 新築 ペレットストーブ SS-1
岩国市 ペレットストーブ ● 鋳鉄製の扉と脚で、重厚感あるデザイン
● ガラスの曇り防止スクリーン装着(脱着可)
● 着火が早く、手入れもラクな手動着火式
● 煙管熱交換システムで高い暖房効率
● 小型で、底面・本体外側が熱を持たず、施工も安心
● 操作・メンテナンスDVD付き
このページのトップへ戻る.jpg

ふたばライン.png
 
岩国市 ペレットストーブ ss-2

岩国市 新築 ペレットストーブ SS-2
 
このページのトップへ戻る.jpg
ふたばライン.png
 
岩国市 ペレットストーブ ss-10

岩国市 新築 ペレットストーブ SS-10
 
このページのトップへ戻る.jpg
ふたばライン.png
 
岩国市 ペレットストーブ MT311 SUMITA

岩国市 新築 ペレットストーブ MT-311SUMITA
 
このページのトップへ戻る.jpg
ふたばライン.png
 
ペレットストーブ DK-12

岩国市 新築 ペレットストーブ DK-12
 
このページのトップへ戻る.jpg

 

ペレットストーブの給排気システムについて
木のライン 1.png
 
 ストーブ周辺と排気管は防火工事不要
オレンジ点々ライン.png
ストーブ二重構造で外へ熱を出さず、壁を貫通する給排気管も二重給排気管のため、薪ストーブのような防火工事は不要です。

 室内外排気管は立ち上げ不要
オレンジ点々ライン.png
強制排気を行うため、室内外での立ち上げは不要です。
(ただし、近隣している・障害物がある・積雪で排気管をふさぐ可能性があるなど、設置場所、排気管を出す場所によって、
室内外で立ち上げることもあります。)
※設置工事について※
壁面に直径150㍉程度の穴を開け、燃焼用の吸排気を行うFF式二重管を室外へ出す工事が必要です。

岩国市 ペレットストーブ 排気図

このページのトップへ戻る.jpg

施工事例一覧はこちら
「こだわりの自然素材」はこちら
カルクウォール バナー.jpg MPパウダーバナー3.jpg

NAGOMIYAへのご相談、お問い合わせはこちらから

contact_02.jpg
お問い合わせはこちら03.png