TOPへ戻る

好きな「広さ」の中に好きな「ところ」があるお家

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

今回はNAGOMIYAの家づくりについてお話しさせていただきます。

一番基本にしているのは、住まわれるお客様に「あぁ良いお家だな」と思っていただけるかどうかです。

ですので、私たち作り手側が、「こうした方がいいので、こうしましょう!」と押し付けることがないように心掛けています。

とはいえ、「こういうのはどうですか?これもよかったですよ・・・」という対話は何度もさせていただきます。

「知っていただく」ということ「選んでいただく」ということが大切と思っています。

 お客様とよくお話しさせていただくのは、お家の広さについてです。

多くの方が「これくらいがいいな」というお気持ちをしっかりと持っておられます。

「広い」というのは必ずしもメリットばかりではありませんので、お客様がどういう住まい方をしたいと思われているのかをしっかりと汲み取って設計をしなければなりません。

お子様がおられる場合は、どこでお勉強するのか、リビングなのか個室なのかなどで生活スタイルがずいぶんと変わり、部屋の広さが変わってきますので、どんな些細なことでもたくさんお話しをしていただけたらと思っています。

お客様にとって住みやすい広さを実現することが「良いお家だ」と思っていただける初めの第一歩になるのだと思います。

そして、その好きな広さの中に、好きな「ところ」、つまりお気に入りがあるお家にしなければなりません。

お家を考えられる際に、こだわりたい部分ってたくさんあると思います。

そのこだわりが実現したときは、皆様目がキラキラしておられます。

今年の6月に棟上げをさせていただきましたH様邸のこだわりだった欅(けやき)の大黒柱をお施主様と一緒に眺めているときがまさにそうでした。

 
床も柱もずっと養生をしていたので、なかなか全貌を見ることができなかったのですが、養生を撤去し、お施主様にしっかりと見ていただきました。


「あぁいいですね」とお施主様のお言葉にとても嬉しくなりました。


お施主様のこだわりを実現することができたことが何よりも嬉しかったです。

好きな「ところ」があるお家は愛着が湧いて、永く大切にできる秘訣だと思っています。
お引渡ししてからは、「どこがお気に入りですか?」と聞くことがとても楽しみです。



私たちは岩国市にある小さな工務店です。

木と漆喰の専門店という看板を掲げて、深呼吸できる家づくりを目指しています。

岩国市の人のために、岩国市に合った建築をしていきたいと思っています。