TOPへ戻る

古民家

古民家の暮らしは決して悪くない

NAGOMIYAのブログをお読みいただきありがとうございます。

少し寒さが深くなってきましたね。

事務所のペレットストーブもそろそろ火が灯りそうです。
ペレットストーブの火を見ているととても癒されます。

最近はキャンプの薪の動画などもすごい再生回数のようで、火が人に与える影響の大きさを感じています。


そもそも日本人の暮らしは、火による光と陰を大切にする暮らしでした。
いわゆる古民家と呼ばれる造りで暮らしていた時代のことです。
古民家は暗くて寒いというイメージを持っている方多いと思います。

今日のブログでは、そんな古民家の暮らしのマイナスイメージを払拭したいと思います。

さて、火が灯れば明るいところと、陰のような暗いところが生まれます。

その陰翳(いんえい)こそが日本古来の芸術の特徴であると主張したのが、谷崎潤一郎でした。
谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼賛(いんえいらいさん)」は、電灯がなかった時代を懐かしみ、電気の配線などを上手くかくして日本家屋と調和させることの葛藤が綴られています。

谷崎潤一郎は西洋の住まいは可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消すことに執着したが、日本はむしろ陰翳を認めていたとしています。

陰翳の中でこそ生まれる芸術を作り上げたのが、日本古来の芸術の特徴だと主張し、建築、照明、紙、食器、食べ物、化粧、能や歌舞伎の衣装など、多岐にわたっての陰翳を考察しています。

また、日本の住宅は大きな屋根が特徴です。
その下に広がる暗闇が日本独特の美意識であり、金箔が施された屏風も照明の下で見れば派手に見えるが、当時のほの暗い室内では外部の光を反射するリフレクターの役割があったと谷崎潤一郎は説明しています。

古民家は暗くて暮らしにくいというようなマイナスイメージを持たれている方が多いのですが、ほの暗い室内は日本人の暮らしにはマイナスではないということが谷崎潤一郎の主張です。

確かに、利便性の追求による明るい空間に人は慣れてしまったため、暗い不便さをより一層感じてしまっているように思います。

またこのような言葉もあります。

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪(た)へ難(がた)き事なり。」

これは吉田兼好の徒然草の記述です。

「家は夏を中心に作りましょう。冬はどこにでも住めます。暑い家は堪えられないです。」

という意味です。
日本の家づくりは、暑い日差しを遮り、夏を快適にくらすために、軒を深くするなどの工夫をしていました。
要するに、夏を涼しく過ごすことに重きが置かれていた時代だったのです。古民家の「寒い」というマイナスイメージは、こうした背景が関係しているように思います。

では、現代の夏はどうでしょうか。

年々気温は上昇し、猛暑の日々が続いています。
現代の夏は、昔よりもよっぽど暑い夏だと思うのですが、軒の深い家づくり、古民家は減少傾向にあります。
日本の古民家がなぜそのように造られたかを知らない方が多いのも原因の一つだと思われます。

古民家の造りが、日本という風土に合った素晴らしいものだということを知っていれば、古民家に対して、別の見え方も出てくると思います。

私たちNAGOMIYAは、古民家を大切にして欲しいと思っています。先人の残してくれた知恵と技術を大切に守ること環境へ配慮すること日本の風土に合った健康的な暮らしをおすすめしたい古材という貴重な木材の継承などそういった沢山の気持ちがあります。

古民家を壊してしまうことは簡単ですが、現代の良い材料や再生する技術や工夫によって、古民家が暮らしやすく生まれ変わることもあります。

例えば…しっかりと断熱材を施すことで、夏も冬も快適に過ごせるようになりますし、床に無垢材を使うことや、窓を断熱サッシに変更するだけで室内の温度が快適に保たれます。


暗いという問題に対しては、照明計画、窓からの自然光による採光計画などを改めて計算します。そのために私たちNAGOMIYAは古民家鑑定士の資格取得や講習を受けて、日々学んでいます。

古民家をリノベーションすることはとても難しいことですが、日本の建築を大切にしたいと思い、真剣に取り組んでいます。古民家のイメージが変わった!という方がいてくださると嬉しく思います。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。


私たちは岩国市にある小さな工務店です。木と漆喰の専門店という看板を掲げて、深呼吸できる家づくりを目指しています。岩国市の人のために、岩国市に合った建築をしていきたいと思っています。

古材の素晴らしさ

NAGOMIYAのブログをお読みいただきありがとうございます。


夏が終わり、日差しが強い日もありますが、だんだんと風は冷たくなっているように思います。


さて、今月10月14日、「鉄道の日」だったようです。


1872年(明治5年)の9月12日(新暦では10月14日)日本で初の鉄道が、新橋~横浜間で開業したことを記念して、1922年(大正11年)に鉄道省が制定しました。


大正に制定されたものが、令和まで語り継がれていることが素晴らしいと思います。


鉄道だけに限らず、古い歴史があるものって何故か魅力を感じてしまいます。

私が最近、感銘を受けたのは、古材です。

■古材とは

意味合いとしては古い材料、年月の経っている材料ということです。


古材というと、古いものなので、新しい材料に比べて強度が劣っている・・・と思われている方が多いと思います。


でも実はそうではないのです・・・。


そんな古材について今日はお話しさせていただきます。


先日、古民家の成り立ちや現状、古民家に使われる古材などについての講習をスタッフで受講してきました。


これまで古民家は、「住みづらい」という理由から解体処分するのが妥当とされてきました。


しかし、あえて古民家をリノベーションして、住宅や店舗にするという選択をされている方も最近多くなってきました。


NAGOMIYAでも古民家リノベーションのご相談を多くいただいております。


ではまず、古民家とはどういう定義のもとに呼称されるのでしょうか。


古民家の定義のポイントは・・・

・登録有形文化財制度

・築50年以上経過

・木造軸組構法

・伝統構法もしくは在来工法

これらに該当する住宅を古民家と呼べます。


ここ山口県にある登録有形文化財の数は101です。(文化庁HP2019年1月1日現在)


登録有形文化財を簡単に言いますと、重要文化財には指定されないけれども、大切にした方が良いとされて登録された文化財のことです。


さて、古民家の定義が大体ご理解いただけたところで、本日のテーマ「古材」についてお話しさせていただきます。


まず、古材の強度についてです。


冒頭でも言いましたように、古材は古いため、新材よりも強度が「弱い材料」なのでしょうか・・・?

実は、経年変化により、古材の強度は増大すると言われています。


千葉大学名誉教授の小原次郎氏が書かれたNHKブックスの「木の文化をさぐる」の中に、法隆寺古材は心材より強いと記述しています。


「なぜなら木は切り倒されてから200~300年までの間は、圧縮強さや剛性がじわじわとまして、2,3割も上昇し、その時期を過ぎて後、緩やかに下降しはじめるが、その下がりカーブのところに法隆寺古材が位置していて、新材よりもなお一割くらい強いからである。バイオリンは古くなると音が冴えるというが、これはこの材質の変化で説明できる。」


要するに、伐採してすぐは強度がまだ無いが、年数をかけてゆっくりと強度が増していき、200~300年は強い時期とされています。


強度が落ちるのは伐採後800~1200年という途方もない未来の話であり、古民家は最近の住宅とは比較にならない良質な木材が贅沢に使われた耐久年数の長い住宅なのです。


新築に使われる材料は、多くが自然乾燥ではなく、強制乾燥のため、材料の強度を一時的に得られてもすぐに弱くなってしまうそうです。


時間は早めることができませんので、今ある古材って素晴らしい材料ということが分かります。


古材は大切にするべき価値があります。

皆さんも古材への印象が少し変わられたのではないでしょうか?

■カーボンフィグゼイション


最後に「カーボンフィグゼイション」という考え方についてお話しさせていただきます。


私がこの講習を受けて、とても良い考え方だと思ったのが、この「カーボンフィグゼイション」です。


木には炭素が多く含まれています。


伐採しても炭素を保有したままなので、家を建て、それを焼却処分すると炭素が空気中に大量に排出されてしまいます。


元々地上にあった木を伐採して、家を建て、焼却し大気中に排出されても二酸化炭素の総量は変わらないという考え方を「カーボンニュートラル」といいます。


対して、木材を焼却せずにそのまま長期間固定し、二酸化炭素削減を求める考え方を「カーボンフィグゼイション」といいます。


世界的にカーボンフィグゼイションの考え方に変わってきています。

古材を廃棄せずに再利用することで、炭素を固定することになります。


新築を建築する際にも、すぐに住めなくなってしまうような家ではなく、生活スタイルを含め、使用する材料にも気を配ることが大切です。


手を加えれば永く住み続けられるようにすることが、環境のため、そして私たちの健康な暮らしのためになります。


今日は、古材の素晴らしさ、古材を大切にする素晴らしさをお話しさせていただきました。


住宅は簡単には建てられません。


たくさんの情報が溢れていますし、何を大切にされるかは住まい人次第です。


私たちNAGOMIYAが自然素材をおすすめしているには理由があります。


少しでも、自然素材に興味を持っていただけたら嬉しく思います。


漆喰やオーク、パイン、栗、杉の無垢フローリングなどの自然素材に実際に触れていただけますので、ぜひ事務所へご相談ください。


私たちは岩国市にある小さな工務店です。

木と漆喰の専門店という看板を掲げて、深呼吸できる家づくりを目指しています。

岩国市の人のために、岩国市に合った建築をしていきたいと思っています。

岩国市 K様邸古民家リノベ 「解体編」

解体工事が始まりました 。

今回の解体の内容は 一階の二部屋の減築、 木製窓をアルミサッシへの取替、外壁の焼杉材の全面貼替、給水、給湯、排水の新設、、 システムキッチン・ユニットバス・洗面化粧台・トイレの取替 フローリングの貼替・襖畳の新調などなど 盛沢山の内容となっています 。

古民家の解体工事といえば開けてびっくりがお約束ですが 今回も期待を裏切らない沢山の新しい出会いが待っていてくれました。

古民家の解体工事というのはただやみくもに壊してスケルトンにしてしまうのではなく 利用できるものは出来るだけ今のままの姿で再利用し お施主様の想いのこもった材料も一つ一つ大事に取り外していく 解体工事といってもとてもデリケートな作業なんですよね。

解体工事を進めて行くにつれて見えてきたのが 一階の床下に地下室が造れるほどの大きな空間 そしてピラミットを連想するかのようにそびえたつ大きな束石 お施主様にお伺いすると昔近くに流れる川が氾濫して水没をした経緯があり このような形で嵩上をして家を建て替えたのではないかと仰っておられました。

材料を見ていると細くて以前では他の役割に使用されていた物かもしれない 当時は中々大きな良い材料を入手するのが難しかったのかもしれない など色々な事を想像しながら解体工事を進めていきます。

次はいよいよ大工さんが現場に。

 

NAGOMIYAについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

NAGOMIYAのこだわり

お問い合わせ