TOPへ戻る

棟上げが好きです。

私は暑い日だろうが、寒い日だろうが、棟上げが好きです。
今まで紙やパソコン上にあったお施主様の想いが、現実として形になっていくその様は感慨深いものがあります。

6月に行われたH様邸の棟上げでは10人の職人さんに来ていただきました。

お施主さん、職人さん、大勢で輪になり始まりの祝杯をあげ、職人さんが散り散りに現場へと向かって行く瞬間は胸がドキドキします。

家づくりは職人さんの手仕事です。
何人もの職人さんが集まって、一つのものを作り上げていく姿は本当にかっこよく、圧巻です。
今回は私の視点からですが、職人さんたちの印象をお伝えします。



まず、NAGOMIYAではプレカット工法で建築しておりますので、現場で大きな材料を切ったり、欠いだりということはしません。
プレカットとは、構造材の仕口加工などを機械化した工場で行うことです。
建築現場での加工を減らすことで、工期短縮や加工精度向上、現場廃材の削減などにつながっています。

職人さんはプレカット図面を元に、平仮名や番号が振られている材料を巧みに組み立てていきます。
順序を間違えれば、やり直さなければならなくなるため、知識が必要とされます。
鋸(のこぎり)を使って現場で調整することもあります。


棟上げを経験させていただく中で、いくつか気づいたことがあります。
大工さん方の動きに無駄な部分が見えないのです。
そして、大工さんの動きを止めないように材料を手配するレッカーさんもすごいのです。
職人さん各々が自分にできることを瞬時に考え、手伝いがいるかいらないか、先にやっておくべきことかどうか・・・それらを自然とされているのです。
このような経験の中で培った技術というものはとてもスムーズで、見ている者を魅了するなぁと私はいつも思います。
何時間でもじーーーっと見ていられるのです。

更に私は木材が好きなので、壁を貼る前の構造体の状態は結構好きでして・・・見ていると落ち着きます。
今回H様邸では21㎝角の大きな欅(ケヤキ)の大黒柱を立てました。
とても大きいので、大工さん一人では抱えきれず、何人もの大工さんの力で立てたのです。
このような見える柱は化粧柱という加工されているものを用います。
節が少なく、仕上げにやすりなどがかかっています。
そのような柱のため、現在の施工中は養生をして傷がつかないようにしてあります。(下記写真の一番右の柱です。)
仕上りましたら、また欅の大黒柱の全貌をお伝えさせていただきます。


H様邸の柱の太さは12㎝角です。
とてもしっかりした材料で、耐震性にも優れています。
NAGOMIYAでは柱の本数にもこだわっており、在来工法で建築しています。
在来工法とは、日本に古くからある伝統工法を発展させたもので、柱と梁を組み合わせて建物を組み立てていく方法になります。
そのため、「木造軸組構法」という言われ方もします。 以前は、地震時に揺れやすい建物でしたが、金物などが発達・改良されていき、以前と比べると今では耐震性もかなり高くなってきています。

上記の写真は棟上げの次の日です。
この先は、大工さんが筋交いをいれ、金物を取付し、金物検査を受けます。
そして、多くの職人さんの知恵と技術で、何も無かった場所に家が建ちます。すごいことです。
設備、電気、屋根、建具、外壁・・・
様々な職人さんの「職人技」を目の当たりにできることが私は嬉しいです。

日本に古くからある伝統工法や職人さんの技術も、大切にしていく中で、たくさんの新しいことも学び、活かしていきたいと思います。
そしてお施主様にとって、よりよい建築ができたらと日々精進していきたいと思っております。




私たちは岩国市にある小さな工務店です。

木と漆喰の専門店という看板を掲げて、深呼吸できる家づくりを目指しています。

岩国市の人のために、岩国市に合った建築をしていきたいと思っています。