TOPへ戻る

屋久島の地杉を建築に

鹿児島県屋久島産地杉のフローリング「ヤクイタ」を使用した住宅の建築を始めることとなりました。


それに伴い、屋久島町や屋久島地杉生産者有限責任事業組合(LLP、屋久島町)などと、「森林保全と木材の普及等に関する協定」を締結致しました。

島内で製材加工された屋久島地杉を現地から仕入れ、住宅建築に活用します。

同時に、共同で「屋久島森林ファンド」を設立、島の森林保全を後押ししていきます。

2019年春から、全国の住宅建築業者と共に樹齢50年程度の屋久島の地杉活用に向け、現地関係者の方々とお話をさせていただいていました。


弊社が屋久島産「地杉」を導入することに決めた理由は他の地域の杉よりも木の香り、精油を多く含んでいるところです。杉の香りには抗菌、防カビ作用、喘息などの原因となる室内塵ダニ抑制効果のあるクリプトメリオンや睡眠安眠効果を上げるセドロール などの有効成分を多く含むので快適な室内環境をつくるのに適しています。


色は黒い部分が多く、見た目が重厚です。独特な見た目はアクセントとしても魅力もあり、この「地杉」をどのように建築に用いるとよいのか、しっかりと検討して参りたいと思います。